32歳主婦のセックス依存症日記

32歳の主婦です。
主人とは20代の初めの時に結婚しまして、今も円満です。
実は結婚した時は、男性との経験はありませんでした。
つまり主人との事が初めてだったのですが、世の中にこんな気持ちがいいことがあると初めて知りました。
あの頃は主人も若いですからお互い欲求も旺盛で、どちらから求めるということもなく毎晩、何時間にもわたって二人で燃えました。
その頃は、自分がセックス依存症だという意識はありませんでした。
そのうち子供もできました。

30代に入ると、あちらの方の回数がめっきり減ってきました。
主人の方が、あまり乗り気ではないのです。
そうなると私も一応女としての恥じらいがありますから、あまり露骨には求めることができません。

それでも子供が小さいうちは、私も毎日大変なので、あまりセックスのことを考える余裕がありませんでした。
しかし去年子供が小学校に入り、昼間時間ができてみると、ずっとセックスがしたいという欲望が頭を離れないという自分がいたのです。
それも、必ずしも主人とというわけではなく、相手が誰とでもいいのでとにかくセックスがしたくてたまりません。
セックス依存症についてネットで調べ、どうやら自分がそうだと分かった時はショックでした。

小さい時から生真面目だと言われ、自分でもそう思っていたので、自分がそういう人間だと分かった時は悩みました。
数ヶ月悶々とした後、つい出来心で出会い系サイトに登録しました。
そうすると、毎日大量にメールが来ました。
別にプロフィールなどに、自分はセックス依存症などと書いたわけでは全然ありません。

そしてその中の、割と真面目そうな男性とやりとりをした後、会ってみることにしました。
会ってみると、驚いたことにいわゆる「イケメン」でした。
居酒屋などでお話をした後、その方は当たり前のようにホテルへと誘ってきました。
私はさすがにその場になると及び腰になりましたが、引っ張られるようにしてホテルに入り、関係を持ってしまいました。

その方を含め、今では数人の男性と定期的に会い、週に3~4回は抱き合っています。
セックス依存症はますますひどくなるようで、会えない時は必ずオナニーをしています。